3年毎に住み替えてきたご主人が「一生住みたい」と感じた豊洲のタワーマンション

MAJOR'S Column

2016年12月22日

いま人気のスポット豊洲のタワーマンションにお住まいのご夫妻にマンションライフについてお話を伺いました。独身時代から3年毎に住み替えていたというご主人が、「一生ここがいい!」と惚れ込んだマンションの魅力とは何だったのでしょう?

これまで3年毎に住み替えてきたけれど、「一生ここがいい!」と思ったマンション


今回お話を伺ったAさんご夫婦。去年結婚されたばかりのお二人です。

Aさんご夫婦は、「豊洲」駅からほど近いタワーマンションにお住まいです。豊洲エリアは、電線類を地下に埋設しているので電柱がほとんどなくすっきりした街並み。駅前からマンションへの道では、お子さん連れやベビーカーのご家族、犬の散歩をしている方々とすれ違い、小学校のグラウンドでは球技の応援の声が飛び交っていました。なんだかとても暮らしやすそうな雰囲気です。

——早速ですが、豊洲のマンションを選んだ理由は何でしょうか?

Aさん(夫)6年ほど前に父から「豊洲の街がなかなかいいよ」と教えてもらったことがきっかけです。独身時代から譲渡所得税の3,000万円控除を利用するため、原則3年毎に住み替えをしていましたので、父は「そろそろ3年目だから豊洲はどう?」という感じだったようです。この20年で、横浜・田町・大崎の戸建てやマンションを買い替えてきました。住んでいて気持ちのいい街が好きで、不動産にとても興味があるので、駅に設置してある無料の住宅情報誌を読むのも大好きです。

——6年前の豊洲は数多くのマンション建設計画があったと思います。このマンションを選んだ決め手は何だったのでしょう?

Aさん(夫)5種類くらいの選択肢がありましたが、最終的にはこのマンションか、同じデベロッパーが豊洲で販売していたもうひとつの大規模タワーマンションかで迷っていました。こちらに決めた理由は、駅から5分程度なのに少し奥まっていて静かなエリアだったこと、3LDKでも使えるゆったり大きめの広さの2LDKがあったこと、浴室から景色が眺められるビュー・バスだったことなど、いくつかの理由があります。

Aさん(妻)マンションや近辺には水と緑が多くて、景色も環境もとても良いと感じています。行き交う人たちはいつも挨拶を交わしていて、住み心地がいいなあといつも思います。治安がいいのも嬉しいですね。「なんとなく怖い」と思ったことが一度もないし、「夜道に注意」といった防犯看板を見ることがないというのは、考えてみるととてもありがたいことだと思います。

——3年毎に住み替えたくなるAさんが、すでに6年お住まいなのですね。いかがですか?

Aさん(夫)自分でも初めての経験なのですが、いまは「一生ここがいい!」と思っています。マンション自体の良さ、マンションに住んでいる方々や管理スタッフの方々とその距離感、街の環境と雰囲気など、すべてを気に入っているので、次にここまで住みたいと思うマンションが見つからないのが現状です。

Aさんがそこまで惚れ込んでいるマンションの魅力のひとつに、マンションを良くするために日々活動している管理組合があります。

マンションの管理スタッフを労う慰労忘年会、住民みんなで初日の出


マンション内で忘年会ができるってすてきです。

——Aさんは管理組合の理事に立候補して、積極的に関わっていらっしゃるそうですね?

Aさん(夫)はい。これまでは、仕事が忙しくてなかなか関われなかったし、そこまでの思い入れはなかったのですが、このマンションにずっと住むなら積極的に管理組合にも関わっていこうと考えて、3年前の第4期から理事をやらせていただいています。理事は20代〜70代まで年代も幅広く、女性も多くいらっしゃいます。第1期〜3期の理事の方々が熱意を持ってさまざまなことを改善してくださっており、その様子を見てきて、自分も出来る限りでお手伝いをしたいと思って参加しました。

Aさんのマンションは800戸以上の大型マンションです。管理スタッフは、コンシェルジュから清掃スタッフ、防災センターまで含め約50人。昨年末には、日頃の感謝を込めて管理スタッフをお招きし、マンション内にあるイタリアンレストランで慰労忘年会を開催されたそうです。

Aさん(夫)最初は管理組合のメンバーの忘年会を兼ねて、スタッフの皆さまに日頃のお礼が言えればいいな、といった気軽な企画でした。せっかくなので居住者の皆さんにも「自由参加でどうぞ」と呼びかけると、外国人居住者の方も含めてたくさんの方が参加してくださり、とても有意義な慰労忘年会になりました。

他にも、元旦の朝には、ふだん入れない屋上のヘリポートを特別に開放して、100人を超える人数で初日の出を祝ったこともあるそうです。住民の皆さんがタワーマンションならではの楽しみ方を満喫し、その下支えを管理組合が行っている、そんな魅力的なマンションなのですね。

タワーマンションの住民は逸材揃い、みんなが自分ごととして管理組合に関わる


運河からの明るい外光が差し込む、開放感溢れるグランドロビーはホテルのような贅沢な空間です。

管理組合では、年に2〜3回ほど住民アンケートを実施して、常に住民の意見を吸い上げながら、マンション管理やコストの改善を推進しています。

Aさん(夫)マンションには、IT系、法律や金融系、語学系に不動産関係など、さまざまなスキルを持った住民の方々がいて、皆さんがそれぞれの得意分野を活かして、マンションの管理組合活動を支えてくださっています。

前回の総会で承認されたマンション住民向けアプリの導入も、事前にIT分野に強い住民30名ほどで3ヵ月ほどパイロット運用してから決定しました。

この他、共用部分の照明計画を見直して省エネ化に着手し、アンケートにより多岐にわたるご意見の集約をすることで毎年500万円を超える費用削減を実現できました。また、数億円単位の長期修繕案件がありますので、全員の希望をそのまま叶えることはできなくても、少なくともたくさんの方々のご意見を公開し、背景を理解いただいてから決定することにしています。このプロセスを踏むことで、管理組合で検討して実行することのひとつひとつにマンションに関わる全員が取り組んでくださることになり、その結果年々、より大きな成果を上げることが出来るようになっています。

——理事の皆さんが、そこまで積極的に組合活動に関わっている秘訣は何でしょう?

Aさん(夫)このマンションは、賃貸に回っている割合が少なくて、定住派層が多くいらっしゃるようです。だからマンションの組合活動も、自分のマンションのために関わって良くしていこうという意識が高いと感じます。自分もそうですが、マンションの事を、自分の事として捉えられる人が多いのだと思います。

外国人居住者もいらっしゃるというこちらのマンションでは、外国語に堪能な住民ボランティアが協力して、日・英・中の3カ国語の「生活のしおり」リーフレットを作成して、誰もが住みやすい環境づくりを心がけています。ここでも、住民のスキルが活用されています。

毎日安心して楽しく暮らせることは、お金では買えない価値がある


運河のある街。
豊洲の名前は、将来豊かな洲となるようにという願いを込めて名付けられたと言われています。

——マンションの設備で気に入っている点は何でしょうか?

Aさん(夫)以前大崎の一戸建てに住んでいた頃は、やはり防犯面ではマンションよりはるかに不安がありました。このマンションでは、5段階のセキュリティがあり、24時間有人警備も実施されていますので安心して暮らせます。また、一戸建てはなんと言っても回収日や時間が決まっているゴミ出しが大変でした。ここでは各階にゴミステーションが設置されていますので、ゴミ袋を持ってエレベーターに乗る必要すらなく、とても快適です。

Aさん(妻)毎日お部屋から東京ディズニーランドの花火が見えるし、ビュー・バスからは東京スカイツリーが見えます。ビュー・バスには、ミストサウナ、浴室暖房や乾燥が付いているのもとても嬉しいです!

——お二人のふだんの暮らしはいかがですか?

Aさん(妻)豊洲は、銀座5分、東京9分、羽田にも近くてアクセスがいい街です。高層マンションの林立する無機質なイメージが強いかもしれませんが、緑と水がすぐ近くにあってとっても落ちつきます。運河を見ながらのお散歩はとても心地良く、下町風情が残る門前仲町や月島にも歩いてお散歩がてらご飯を食べにいけますし、自転車でお台場へ行くこともあります。歩くのが楽しい街だと感じています。

Aさん(夫)オフィスへの通勤時間も30分以内で、通勤ストレスが少ないのもいいですね。交通の便利さといい街の雰囲気といい、豊洲は住んでいて気持ちの良い場所です。

——マンションライフの一員として感じていること・今後やっていきたいことなどはありますか?

Aさん(夫)気に入った場所で、気に入ったマンションに住んで、毎日を楽しく暮らせることって本当にお金では買えない価値なのだなと思います。住んでいる人も、皆がマンションを良くしようという同じ方向を向いていることを感じます。これからも理事としてお手伝いをしながら、場合によってはマンション住民から区議会議員を立てるくらいのことをしながら、住み心地のよいマンションと地域を自分たちで作っていきたいです。

これまでいくつものマンションや一戸建てに住んできたAさんが、「一生住みたい」と思う魅力的な設備、住民、エリアという3つの条件が揃っていた豊洲のタワーマンションでした。Aさんのように、ご自分が惚れ込むような素敵なマンションと出会いたいものですね。

2016年12月22日

編集部のおすすめ記事

カテゴリ一覧

物件をお探しの方へ ※大手不動産デベロッパー7社の物件情報に特化したポータルサイト『メジャーセブン』の物件一覧ページに遷移します