通算700件以上のモデルルームを訪問+6回購入!マンションマニアさんに教わるマンション購入術

MAJOR'S Column

2016年10月27日

マンション購入にはたくさんの物件を見ることが大切だとよく言われていますが、なかなかそんな時間がとれないのも現実。そこで、通算700件以上のモデルルームを訪問、さらに10年間で6回購入経験のあるマンション評論家のマンションマニアさんに、マンション購入についてのお話を伺いました。

通算700件以上のモデルルームをチェック+6回購入したマンション評論家


マンションマニアさんのHP。さわやかな語り口で詳細にレポートするモデルルーム訪問記が人気です!

マンション評論家として活躍するマンションマニアさんは、「2004年以降に発売された1都3県の新築マンションで知らないマンションはない!」と言うほどの、まさに“マンションマニア”! 年間約80件・通算700件以上のモデルルームに足を運んでこられました。また、ご自身もこれまでに6回マンションを購入した経験があります。運営ブログ「マンションマニアの住まいカウンター」のモデルルーム訪問記は、多くのマンション購入希望者が参考にしている人気ブログのひとつです。

——マンションマニアさんのブログを見て、購入の相談をされる方も多いのでしょうね?

マンションマニアさんブログ経由で毎日3件程度は必ず相談がありますね。メール相談だけでなく、対面相談や中古マンションの内見や新築マンションのモデルルームへの同行なども行っています。
私自身、初めてのマンション購入で、モデルルームを見た翌日に契約して買ったという経験がありまして(笑)。普通ならば一生に一度ともいえる大きな買い物を、専門家に相談してご自身が納得するまで検討することが大切なのではないかと思い、公平な立場でアドバイスを行い、皆さんの住まい選びのお手伝いをしています。

20歳でマンション購入以来、10年間で6回マンションを購入!

マンションマニアさんのマンション購入遍歴


10年間で6回の購入! 最初のマンション購入はなんと20歳というから驚きです。

——マンションマニアさんは、いつ頃からマンションに興味を持ち始めたのですか?

マンションマニアさん小さい頃からマンションが大好きで、チラシや住宅情報誌を見るのが好きでした。好きな物件のスクラップブックを作ったりしていましたね。18歳頃から実際にモデルルームの見学に行き始めました。今でも過去の住宅情報誌やモデルルームのパンフレットをコレクションしています。

——マンション愛に満ちあふれていますね。最初のマンションはどういうきっかけで購入したのですか?

マンションマニアさん20歳の頃に、500円のクオカードプレゼントがあって興味本位で訪れたモデルルームで、なんと翌日には契約していました(笑)。当時すでに働いていて、年収300万円弱・勤続年数2年程度でしたが、勤務先の会社の信頼度もあったのか、頭金なしで住宅ローンが通って購入できました。

——マンション購入を悩んでいる人も多い中、かなりスピーディに購入ですね。

マンションマニアさん当時一人暮らしの家探しをしていたのです。賃貸を借りる際は保証人、もしくは保証会社の審査が必要ですが、分譲マンションを買う際の手間というのは賃貸とさほど差がありません。金融機関によっては住宅ローンの仮審査が翌日に出たりするなどスピード感があります。用意する書類もさほど多くなく、実は皆さんが思うほどハードルは高くないのです。それに賃貸の家賃と同額かそれ以下の返済金額でマンションに住めます。若くして買えば、住宅ローン返済も早く終わります。当時の友達にもマンション購入を勧めて、20歳で買った友達はすでに10年で完済して、いまとても感謝されています。

——その後、実質1年位で新しいマンションに買い替えていますが、それはなぜですか?

マンションマニアさん住んでから自分の理想と違う部分に気付いて、買い替えを決意しました。最初のマンションは、買い物をする場所が近隣になく駅からも遠かったためです。1年後に2番目のマンションのモデルルームを見て、敷地内にスーパーがある大型物件で、これだと思い、買い替えを決意しました。

——さらにその1年後には八千代市のマンションに買い替えましたが?

マンションマニアさん当時つきあっていた女性と暮らすことになったので、一緒にマンション選びをしました。これまでは自分一人で決めていましたが、水まわりや内装のカラーにこだわる女性の視点が新鮮でした。その後、残念ながらお別れすることになり、そのマンションも売却して、4件目で初めて都内のマンションを購入しました。相談を受ける立場としては、ペアローンを組むというご夫婦の方には、必ずずっとラブラブでいてくださいね、とお話ししています(笑)。

——その後、投資用のマンションも購入されていますね。

マンションマニアさんすでにブログを開設していて、投資用マンションの相談も受けることがありましたので、勉強のために、自分でも投資用マンションを購入してみました。投資用マンションは、予算に合わせた規模の物件を、買いやすく売りやすいという基準で選びます。自分の住まいとしてのマンション選びとは異なりますので、いろいろと参考になりました。

ただ、投資用を除けば自分がこれまでに買ってきたマンションは、ごく普通の埼玉や千葉にある平均的な郊外型マンションで、その時の自分にとってベストだと思えるものでした。だから私がアドバイスする時も、自分や家族が住んで幸せになれるマンション探しという視点を大切にしていますし、20歳の時に年収300万円・貯金なしの状態からフルローンで購入して以来、失敗も成功も含めて自分が体験してきたことをすべて、相談者の方にお伝えしたいと考えています。

お話を伺うまでは、10年で6つのマンションを購入というのは少し現実離れしていると思っていましたが、マンションマニアさんはこの10年間で、平均的なマンション購入者の何倍もの凝縮した体験をされてきたのですね。

見えてきたのは、「誰もが背中を押してくれる人を待っている」こと


予算、立地、間取り、どれが自分にとってベストなチョイスなのか? 購入の悩みは尽きません。

——ブログを始めたきっかけは何でしょうか?

マンションマニアさん2011年からブログを開設しましたが、当時マンションの公式販売サイトやクチコミサイトはたくさんあるけれど、第三者的な視点でマンションを紹介している情報がなかったからです。これまでに見てきたマンションの情報などを含めて、公平な立場で良い点・悪い点を紹介していくのが、マンションマニアの役割だと考えています。

それと、実は私は、一都三県で降りたことのない駅がないほどの“乗り鉄”でして(笑)。駅毎にある街についても、沿線の特長や町の雰囲気などについて、良い点・悪い点を語ることができます。そのマンションに住むと、その街でどんな生活ができるのか、相談者の方には、住んでからの価値についてもアドバイスするようにしています。購入する前には、資産価値ではなく、住んでからの価値、すなわち住まいへの満足度を語りたいですよね。

——相談者の方からの質問で多いことは何ですか?

マンションマニアさんご自分でよく勉強されている方もいらっしゃいますし、どこから手を付けていいのかわからないという方もいらっしゃいますが、共通して言えるのは、どなたも背中を押してくれる存在を必要としているのだなということです。私自身も、最初のマンションを買った時に、よく知っている専門家に相談できていたら、もっと納得して選べたかもしれません。情報が氾濫しているいまだからこそ、公平な立場で相談できる専門家の存在が必要とされているように感じます。

マンションは家族の幸せを買う場所、資産価値だけでは語れない。


マンションを買ったら、どんな幸せな生活が待っているのでしょう? ワクワク感を大切にしたいですね。

——相談者へのアドバイスで大切にしていることは何ですか?

マンションマニアさんネット情報の氾濫で、資産価値や悪いクチコミを気にしすぎる人が多い気がします。自分たちの住まいの話が資産価値というお金の話に置き換えられがちですが、マンションはそこに住んで自分や家族が幸せになるための場所です。資産価値だけで選ぶのではなく、幸せになるという大切な目的を忘れないでほしいですね。

モデルルームに行って、これからここでどんな新生活がスタートできるのかという気持ちを大切にしていただければと思います。私が20歳でマンションを買ったように、購入はそうハードルの高いことではありません。もちろん、もしそのマンションを売ったらいくら位になるかという相場をあらかじめ知っておくことも重要です。でも、それだけではない、ということも、知っていただきたいですね。

これから新築マンションを購入・買い替えしたい方へのアドバイス

——最後に、これからマンションを購入したいと考えている方にアドバイスをいただけますか?

マンションマニアさん相談では、1予算、2広さ、3エリアの希望を明確にしていただき、そこから通勤重視なのか、何を優先するのか、個々の希望に応じてカスタマイズして、候補をピックアップしてご提案しています。

これから購入・買い替えを検討している方も、その3点を明確にしてから、物件選びを考えてみてはいかがでしょうか。

また、住み替え前提での購入であれば、新築だけでなく中古マンションの購入も選択肢に入れてみてもいいでしょう。私も、いま住んでいるタワーマンションは、中古物件です。しかし、やはり新築分譲マンションのモデルルームを見て感じる、新しい生活への期待感は得難いですね(笑)。

最後はそれぞれの方の優先度や感覚次第ですが、個人的には、終の棲家とするなら新築分譲マンションを買って、そこで自分の生活を根付かせていくのが理想的だと思います。皆さんも、少しでも興味を持ったらぜひ現地に足を運んで、モデルルームなどを見て、そこで暮らすイメージを膨らませ、家族の幸せを実現できそうなマンションを選んでください。

マンションマニアさんのお話は、とてもマンション愛を感じるものでした。そのマンションで新しい幸せな暮らしを見つけることができるかどうか、その点を大切にして選びたいものです。

マンション評論家・アドバイザー マンションマニアさん

年間約80件、通算700件以上のマンションのモデルルームを訪問してきたマンション評論家でありマンション購入アドバイザー。18歳からモデルルームに通い始め、20歳に初めてマンションを購入して以来、6回のマンション購入経験がある自身の体験を活かし、2011年のブログ開設以来、公平な立場で分譲マンション探しのアドバイスを行う。不動産関連メディアの記事寄稿、コンテンツ協力など多数。

マンションマニアの住まいカウンター

2016年10月27日

編集部のおすすめ記事

カテゴリ一覧

物件をお探しの方へ ※大手不動産デベロッパー7社の物件情報に特化したポータルサイト『メジャーセブン』の物件一覧ページに遷移します